肥満治療の種類

ダイエットだけではない!様々な肥満治療

肥満治療といえば、多くの人がダイエットを思いつくかもしれません。食事制限と運動だけで何とか乗り切ろうとする方法論で、人によっては効果があります。また、食事制限にも糖質制限やグルテンフリーなどの栄養素を制限するものや、酵素ドリンクを飲み短期間の断食を行うなど食事の頻度を制限するものが存在します。さらに、肥満治療の中には医学的対処もあり、脂肪を凍結させて老廃物として体の外に出す方法があります。他には、美容整形外科などで、脂肪を吸引して体脂肪を下げる方法も存在しています。ただ、多くの肥満治療の注意点として、リバウンドという存在があるため注意が必要です。脂肪を減らした時点で筋肉が存在しないと、代謝の低さは変わらないためリバウンドしやすいといえます。

肥満治療と生活習慣の見直し

上にあげた肥満治療は、どの種類も有効だといえますが、生活習慣を見直すことでさらに効果は増します。例えば、炭水化物を減らす食事制限を行っていても、タンパク質が少なかったら筋肉がつきにくく、さらに筋肉を構成するタンパク質が減る恐れがあります。タンパク質の減少は、炭水化物の減少を補うときにまれに起こるため、過度な食事制限が逆効果となる場合もあるというわけです。また、医療行為や美容外科などでの脂肪を減少させる肥満治療は、緊急的な対処として有効ですが、その後運動をしなければ同じことの繰り返しになります。そのため、肥満治療の目的は見た目の改善ではなく、生活習慣を一から構築するなど生活を見直すきっかけにすべきだといえます。